那須烏山市社会福祉協議会ボランティアセンター
▶ トップページ    ▶ サイトマップ
文字サイズ


  • ボランティア活動の際の注意点



    Point1. できることから始めましょう
    ボランティア活動は特別なことではありません。まずは、自分の身の回りを見まわし、気がついたことや興味や関心のある自分にできる小さなことから活動を始めてみましょう。



    Point2. 約束と秘密は絶対に守りましょう
    活動には多くの人が関わっています。まわりの人に迷惑がかからないよう、活動先でのルールやマナーは必ず守りましょう。活動で知り得た個人情報などは例えグループ内でも話すことはやめましょう。活動が楽しく感じられるのは相手との信頼関係があるからこそであり、信頼は約束や秘密を守ることによって得られるものだということを忘れないでください。



    Point3. できる事で活動し、無理をしない
    ボランティア活動は何ごとも無理をしないことが大切です。余裕をもって、自分にできることや自分にあったことを、家族や職場など周囲の理解を得ながら、自分のペースで細く長く活動することが大切です。



    Point4. 相手の立場に立って
    ボランティア活動は、相手の思いや願いに根ざして取り組まれるものです。相手の気持ちや立場を理解し、相手が何を期待しているのかを把握しながら活動することが大切です。また、“してあげる”というものでは単なる善意の押しつけになってしまいます。相手とコミュニケーションをとりながら、お互いに納得・満足できる活動をすすめていきましょう。



    Point5. 自分の活動に責任を持ちましょう
    対人・対社会的な活動のため、自分の活動には責任を持ちましょう。無責任な活動は、本来の目的を逆に損ねてしまう可能性もあります。



    Point6. 活動のふりかえりをしましょう
    自らの活動を振り返ると、今まで気づかなかった自分に気づけるかもしれません。また、「何のための活動なのか」など、次の活動のために、また、新たな自分発見のために、活動が終わった後はふりかえりをしましょう。



    Point7. 活動の学習をしましょう
    活動をはじめるとたくさんの“?”が出てきます。常に情報収集を行い、疑問や課題と感じたことを調べ・学習することは、次の活動へのステップとなるほか、今、自分が暮らしている地域や社会を知ることにもつながります。



    Point8. 元気と笑顔を忘れずに楽しんでください
    あなたの笑顔が相手を笑顔にします。明るく元気に活動しましょう。また、ボランティア活動を楽しいものにしてください。あなたの気持ちは相手にも伝わります。




    大きな地図で見る